カロリーゼロ??

2014年8月28日 18:27

ダイエット中は食べ物のカロリーが気になると思います。

 

今日はゼロキロカリー食品についてお話します。

 

 

カロリーの表示方法は健康増進法によって定められています。

国民の健康維持と病気予防のために制定された法律です。

同法によるとカロリーについては、100グラム(液体の場合は100ミリリットル)あたりの熱量が

5キロカロリー未満であれば、「ゼロカロリー」と表示可能なのです

つまり、極端な話を言えば、たとえ100グラムあたりのカロリーが4.9999……キロカロリーだと

「ゼロカロリー」と表示できるということです。

「0カロリーだから」と油断して大量に摂取すると、わずかなカロリーはしっかり貯蓄し

チリも積もれば山となる!で太りやすい体質になってしまいます!

気を付けなければいけません((+_+))

 

後、カロリーはカロリー0にするための科学的な施しが行われています。

化学物質は体では分解できないのでどんどん蓄積されていき、代謝機能も下がっていきます。

 

ゼロカロリー食品にのみ頼らず、美しい身体でいられる食材を見極めましょう。

 

積極的に摂りたい食材

・鶏胸肉、鶏ささみ

・牛赤身

・玄米

・全粒粉パン、ベーグル

・さつまいも、緑黄色野菜

・オリーブ油、ごま油、亜麻仁油

・朝のフルーツ

 

食べる量を減らしたい食材

・皮つき鶏もも肉、豚ばら肉

・サシ入り牛肉

・牛乳

・パン、クロワッサン

・じゃがいも

・マーガリン、サラダ油

・夜のフルーツ

・アイスクリーム

 

大まかですがこれを参考にお食事の内容を見直してみて下さい♪

 

 

 

 

 

カテゴリ:未分類

夏バテ防止

2014年8月24日 10:32

日々日々、ダイエット頑張っています!
運動もするし食事も調整するし…なのになかなか痩せない…

ダイエットも大事だけど夏バテしないように食事もちゃんと摂っている!


でも、なんだかカラダがダルイ・疲れが取れない

なんて、経験ございませんか??

クーラーや扇風機も関係がありますが・・・

もしかしたらそれはビタミンB群不足かもしれません!


夏バテ予防に特に大切な栄養素として疲労回復に有効なのがビタミンB1です!

ビタミンB1はご飯などの糖質をエネルギーに変えてくれる働きがあります。
不足してしまうと糖質がうまくエネルギーに変わらず、
疲労物質である乳酸が溜まってしまうため、体が疲れやすくなってしまいます。

また、気温が上昇することにより体内で消費されるビタミンB1は3倍になるそうです。
ですので、夏は普段以上にビタミンB1の摂取が必要になります

 

 

ビタミンB1が豊富に含まれている食材は豚肉・うなぎ・大豆・玄米などです

一緒、にんにくやニラ・ネギ・玉ねぎを一緒に摂取することで

ビタミンB1の吸収を良くし、効果を持続させる働きがあります!

少し匂いが気になる食材ですが、しっかり食べて、疲れにくい身体にを目指しましょう!!


カテゴリ:未分類

キャビテーション+ラジオ波を取材頂きました

2014年8月23日 09:52

FACETOOに取材がきました☆

過去にも、メディアの取材はよく受けていましたが、ボディの取材は久しぶり♪

FACETOOのボディの成果が認められて嬉しい限りです。
人気のメニュー「キャビテーションラジオ波下半身90分」!!
モニターさんに施術をさせて頂きながらの取材でした

IMG_7899

~キャビテーションとラジオ波の後、手技で脂肪をリンパに流しています~

 

モニターさんも納得の結果になりました!

1回の施術で
体重   -1㎏
体脂肪   -5%

今回はお腹90分の施術でしたが、くびれが綺麗にむくみが取れ、
全体にスッキリしました!!

トリミング

 

FACETOOでは施術前と施術後に、きちんとお写真をとり
体重や体脂肪の測定をさせていただいております。

是非FACETOOの痩身技術を一度体験されてみませんか?

初回お試し90分 → 9800円+TAX
初回お試し120分 → 15,000円+TAXで体験頂けます。
ご相談やご予約はこちらから

是非、ご来店お待ちいたしております!!

 

カテゴリ:FACETOOについて

ダイエットの強い味方、アーモンド

2014年8月22日 14:57

a-monndo

~おやつ代わりに食べています~

FACETOOスタッフの中でアーモンドを食べることが流行っています。
1日20~25粒の素焼きの無塩アーモンドを毎日食べています★

アーモンドは美容・ダイエットに強い味方なんです!!

★ビタミンEが豊富★
ビタミンEは『若返りのビタミン』とも言われています。
活性酸素による体細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、老化を予防したり美白のバックアップをしてくれる働きを持っています!

 

★アーモンドの脂質の7割は『オレイン酸』★
美容の万能薬こと、オリーブオイルに多く含まれている事で有名。
オレイン酸は脂質といっても通常の油と違って、美容と健康にとても良い油なのです。
腸を滑らかにして便秘を解消したり、善玉コレステロールを維持しながら、悪玉コレステロールだけを制御するという嬉しい働きがあります!

 

★ミネラルがバランスが抜群★
硬水のミネラルウォーター並にとてもバランスが良い しかも、健康維持に欠かせない成分ばかりです!
・カルシウム
・鉄分
・リン
・カリウム
・マグネシウム
・亜鉛

女性に不足しがちなカルシウムや鉄分を手軽に補充できます♪

 

★食物繊維が豊富★
豊富な食物繊維で便秘や肌荒れの解消につながります!

 

ちょっと小腹がすいた時にお菓子や甘いものをアーモンドに変えてみませんか??

カテゴリ:食事

入浴でダイエットサポート

2014年8月20日 17:17

★半身浴

体温よりも少し高い『37~38℃』のお湯に『20~30分間』みぞおちの下くらいまでのお湯に入ります。

おおむね、80~100kcalを消費してくれます。

上半身はお湯の外に出ているので、冬場などは、上半身が冷めてしまわないように、

肩にお湯を掛けたり、乾いたタオルを羽織ることが大切です。(濡れたタオルだと熱を奪ってしまいますので必ず乾いたタオル)

最後に3~5分程全身浴行なった後は、バスタブから出て、太腿からつま先にかけて冷水シャワーをさっと浴びてから

お風呂から上がることで湯冷めしにくくなります。

 

 

 

★腰湯

 半身浴と違い、比較的短時間で下半身を温める部分浴。発汗浴。

骨盤や下半身を高い温度で温めることで、リンパや血液の流れをよくし、老廃物を汗で体の外に排出します。

熱いお湯の、短く深い刺激を利用します。

部分的な刺激が、全身浴より大きな効果を生むといわれています。

 

半身浴よりも、もっと熱めのお湯 45度から47度(人によって熱さを感じる温度は違いますので、

やけどをしないよう調整してください)に、おへそが隠れるくらいまでの量のお湯をいれて入ります。

腰湯をするときは、上半身を冷やさないようにTシャツを着て、さらに首にタオルを巻いて入ります。

こうすることで、頭や顔、首、肩や胸など、上半身全体に汗をかくことができます。15分から20分くらいが目安ですが、

入っていてどばっと汗が出てきたらOK。

これは、身体の老廃物や疲労を、きちんと汗をかくことで開放するという、

整体の本などで紹介されているお風呂の入り方です。

 ※半身浴よりもお湯の温度が高くなりますので体調がすぐれないときなどはやめましょう

 

 

★高温反復浴

 

高温反復浴とは、40℃~42℃のお湯に短時間で入ったり出たりを繰り返すことです。

こうすることによって血管が収縮・拡張を繰り返し、自律神経が刺激され、血液循環を促進します。

新陳代謝を活発にし自己治癒力が高まるので若返り効果が高い入浴法とも言われています。

 

40℃~42℃のお湯に3分程つかります、浴槽から出て冷水シャワー(15℃程が目安)を浴びます。

これを交互に5回~10回繰り返します。最後は末端の血管を縮め、

体の中心に熱を留めることができるので、冷水シャワーで終えるようにして下さい。

 

 

注意点

 

■食後30分~1時間はあいだをあける

食べたものを消化するに血液は胃や腸など消化器官に周辺に集まります。

食後すぐに入浴すると、血行が良くなるため

決まった場所に血液は集まらず、全身にばらけてしまいますから

消化吸収が悪くなり、結果、消化不良を起こしやすくなります。

一番の理想は、食前の入浴ですが

様々な理由で、無理な方が多いと思います。

最低でも1時間くらいあけるようにしましょう。

 

 

 

■飲酒後の入浴はしない

アルコールには、血管を拡張させ血液循環をよくする働きがあります。

また、血圧降下・利尿作用もあります。その為、アルコールを飲んだ後入浴すると

血圧が下がりすぎたり脱水症状を起こしやすくなったり

心拍数が上がり不整脈・心臓発作を起こす可能性が高くなります。

また、肝臓でアルコールを分解するための水分が

 入浴で汗をかくことによって不足し、肝臓を悪くしてしまう事も理由の一つです。

 

■入浴前後の水分補給

入浴は発汗作用によってたくさんの汗をかきます。特にミネラルは不足します。

その結果、血液濃度は高くなりドロドロになるので

血液循環が悪くなるばかりではなく、お肌に対しても悪影響です。

入浴前後のコップ一杯の水分補給は

体内の水分不足を解消するために必要なことです。

入浴後は、ミネラルウォーターなどで、しっかり水分補給をしましょう!

 

 

 

3種類の入浴方法を紹介いたしましたが、ご自身のライフスタイル・体調などに考慮し、

無理のないようにリラックスして入浴できるものを、チョイスしてみて下さい!

カテゴリ:ダイエット